頑丈なオールオン4

インプラントで使われる材料

オールオン4の治療を知りたい

オールオン4は、ほとんど歯がない人のためのインプラント治療のひとつです。通常のインプラントは、多くの歯根を入れる必要がありますが、オールオン4は、顎の骨に4本のインプラントを入れることで、しっかりと歯を固定できるので、総入れ歯に比べるとメリットの多い治療法です。手術の当日に仮歯を入れることが可能になっており、仮歯を使って食事ができるようになります。外科手術なので、多少の腫れが見られる場合がありますが、一度に多くの歯を入れることができます。

インプラントに使われる素材とは

インプラントは失った歯の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込む治療法です。その素材として使われているのが金属のチタン。生体への親和性が高く、アレルギーを起こすことはほとんどありません。また、チタンはあごの骨と強く結合する特性があり、まるで自分の歯のような自然な使用感が得られるのです。上部の人工歯(クラウン)の素材はオールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなどの種類があり、予算や目的に応じて選ぶことが可能です。

↑PAGE TOP