インプラントの形状の選び方

インプラントの選び方

インプラントの形状の種類

インプラントとは身体に入れ込む医療材料のことを言います。歯を抜いて入れるのが一番知られています。事故や病気で歯が無くなったときに歯根を抜いてインプラントを埋め込みます。これには様々な形状があるため、選び方には注意が必要です。スクリュータイプというねじの様な物が一番主流です。スマートなため、穴も小さくて済みますし噛む力がダイレクトに歯に伝わります。またスクリュータイプと同じぐらい主流なのがシリンダータイプです。スクリュータイプと違って、らせんがないため入れやすいですが、2度の手術が必要になります。今ではこの2つの形状が主流です。形状だけで無く素材の選び方も考える必要があります。主に材料はチタンですが、その中でも純チタン、チタン合金、チタンニッケル合金などがあります。純チタンとチタン合金は骨に結合しやすいです。チタンニッケル合金は人によって形が違うのを自然に合わせる特有があります。インプラントを選ぶ時には形状と素材をしっかり確認してから選び方を考えます。もちろん歯科で手術が決定すると、詳しくドクターが教えてくれます。その中でも自身の形と体質に合ったインプラント選ぶ必要があります。術後はこまめに手入れをし、定期的に検診をすることも必要です。

↑PAGE TOP