インプラントの形状とは

インプラントの形状について

インプラントを固定させるために

インプラントとは、顎の骨に歯根の代わりとなる人工歯根外科手術で埋め込み、歯としての機能や見た目を回復させるための治療法です。形状はスクリュータイプやシリンダータイプなど様々で、治療法や本人の口腔内の状況に合わせて選択します。スクリュータイプのインプラントは、多くの治療で用いられている形状です。ネジに似た形状をしているのが特徴で、回転させながら顎の骨に埋め込むことができます。骨と接する面積が大きいというメリットがあり、インプラントを埋め込んだ際に初期固定させやすいと言われています。初期固定とは人工歯根を埋め込んだ際の、骨への固定のことで、初期固定が弱いとインプラントに負荷をかけた時に抜けてしまう可能性がたかくなります。反対に初期固定が強すぎる場合も血流障害を起こして骨としっかり結合しないリスクがあるます。スクリュータイプには、ルートタイプと呼ばれる直径が先端になるほど細くなるタイプと、先端まで太さが変化しないストレートタイプなどが存在します。かつてのインプラントでよく用いられていたブレードタイプと比較すると、埋め込むための穴が小さく済み、食事などで物を噛んだ時の力を効率よく骨に伝えることが可能です。

↑PAGE TOP