インプラントの検査

インプラントで使われる材料

インプラントとは何の事か

歯磨きを怠ると歯垢が溜まります。これを放置すると歯石になります。そして虫歯や歯肉炎になり、歯を失う原因になります。歯がないと食べ物を嚙む事が出来ませんので早急に治療が必要になります。選択肢は2つあります。一つ目は、入れ歯を作る事です。しかし手入れが大変で外れてしまう事があります。二つ目は、インプラントにする事です。これは歯茎にボルトを固定し、義歯を被せます。取り外しの必要がありません。自分の歯と同じ様に使えます。

インプラントの無痛治療

インプラントは無くなった歯を治療するために、顎の骨に金属の器具を埋め込みそこに歯根を取り付けて固定する方法です。しっかり固定することができることが特徴です。治療に際しては手術を行うことになりますが、最近は無痛治療ということで部分麻酔を行なって治療します。痛みもなくその日にはもう食事もできるようになるのです。インプラント治療は手術を行なってあとはしっかりと骨に固定できれば完了で、固いものでも食べられるようになります。

↑PAGE TOP