インプラントの形状は

インプラント治療の金属の形状

シリンダータイプのインプラント

インプラント治療で用いる金属には、シリンダータイプの形状のものがあります。ネジのらせんがついていない、円筒形のシンプルな構造になっていて、現在、スクリュータイプと並んで主流のタイプになっています。顎の骨に埋めることが比較的簡単なものであり、手術による体の負担を軽減できることがメリットになっています。インプラントのシリンダータイプの形状のものは、シンプルな構造になっているため、安価な価格で購入できることが多くなっています。また、主流のタイプのものになっているため、大量に生産しやすく、安価な価格で手にしやすくなっていて、魅力が多いです。世界中のメーカーが製作しているタイプのものであるため、いろいろなものを比較しながら、治療に合うものを決めていくことができ、よい内容の治療を行いやすいです。シリンダータイプの形状の金属を利用したインプラント治療は、2回法の手術に適しているとされています。2回法の手術は、歯茎が痩せている人などの難しい手術をする場合の人の治療も行いやすく、ほとんどのケースの治療を実施することができます。美しさを追求しやすい治療も行いやすく、きれいな歯並びなどを手にしていくことも可能になっています。

↑PAGE TOP