インプラントの構造は

インプラントで使われる材料

インプラントの形状と構造

インプラントは天然の歯と似た形状をしており、主に3つの部品から構成されています。天然の歯の歯根の部分に相当する人工歯根と、歯冠の部分に相当する上部構造、人工歯根と上部構造をつなぐ役割を果たすアバットメントの3つです。人工歯根は骨と結合し、インプラントの土台となる部分です。ネジのような形状をしており、あごの骨の中に埋められる部品です。材質はチタンが使用されることが多く、数ヶ月の期間であごの骨と強く結合し、高い安定性を発揮します。チタンは人体との親和性が高い金属として知られており、インプラント以外にも医療で多く使用されている金属です。そのため、安全性が高くアレルギーなどが起こることはほとんどありません。上部構造はいわゆる歯として外から見えている部分です。上部構造は通常セラミックやプラスチックで作られます。プラスチックは使用していく中で変色することがあるため、見た目を重視する場合はセラミックが選択されます。セラミックは非常に硬い物質であり、食事でかけたりすることはまずありません。スポーツなどで強い衝撃を受けると破損することもありますが、人工歯根がしっかりしていれば破損部分だけを取り替えることが可能です。ひとりひとりにあった形状に作成することができ、天然の歯と見分けが付かないほどきれいな仕上がりになります。アバットメントは人工歯根と上部構造を連結するための部品です。スクリューによって人工歯根に固定されるのが一般的ですが、中には人工歯根と一体化したものもあります。

↑PAGE TOP